陸生動物

陸生動物

フクロウの雑学。首や耳が変?羽の構造、ミミズクとの違いも解説

最近ペットとしても人気急上昇のフクロウ。鳥類でありながら、他の鳥とはどこか違うフクロウは雑学がいっぱいです。鳥目なのに夜に狩りができるのか。どうして首があんなに回るのか。フクロウとミミズクは違うのか。フクロウカフェに出かける前に、フクロウ知識を覚えて行きましょう!
陸生動物

スナネコ:かわいいけれど懐かない「砂漠の天使」とは?

中東や北アフリカの砂漠地帯にしかいないスナネコ。最近は知名度も上がり、そのかわいい見た目でネコ好きさんを悩殺しています。大人でも子ネコ顔というベビーフェイスがたまらないのですが、スナネコは砂漠で生き抜くタフなネコ。人に懐くことはなく、絶滅が危惧されているのです。
陸生動物

三大猛獣脱走事件:自由になった猛獣の恐怖‼

人に飼われている猛獣も、時には脱走し社会を恐怖に陥れます。今回は「上野動物園クロヒョウ脱走事件」「神野寺トラ脱走事件」「オハイオ州猛獣脱走事件」の3つを取り上げ、事件の顛末と、その後への影響を考えます。野生が人間社会に放たれる怖さとは、いったいどのようなものなのでしょうか?
陸生動物

カモノハシ:哺乳類なのにくちばしや卵生の理由とは?

くちばしがあって、鳥と哺乳類の中間にいるようなカモノハシは、卵を産んだり、毒を持っていたり、生態も哺乳類らしくない生き物。とても古いタイプの哺乳類で、生きた化石なのですが、中途半端な進化がわかりやすいともいえます。とにかく奇妙なカモノハシの不思議をまとめました。
陸生動物

飛べる哺乳類コウモリ:逆さまの理由と駆除についても解説!

飛べる哺乳類コウモリは、独特な体の構造と不思議な生態の持ち主です。逆さにぶら下がることも、鳥になりきれなかった結果、ああするより仕方ない苦肉の策らしい。注意したいのは家に住み着いたコウモリです。害がとても多い。しかし、駆除するのは一筋縄ではいかないのです。
ペット

ネコには霊感があるの?集会や黒ネコが不吉な謎も解説

「ネコは霊が見える」「夜な夜な行われるネコの集会」「黒猫は不吉の象徴」……ネコにはミステリアスな行動や噂が数多くあります。魔性?……そうではありません。それらは神秘的キャラのネコだからという誤解かもしれない。ネコの行動にはちゃんと生態的な理由があったのです。
陸生動物

牙のないゾウが増えている?象牙の役割とゾウの変化

ゾウの牙は高級品「象牙」で知られています。今、象牙を持たないゾウが目立つようになりました。牙のないゾウはどうして増えているのでしょうか?また牙のないゾウは生きてゆくことができるのか?密漁によって数を減らしたゾウは、牙を捨てざるを得ない状況に追い込まれているのです。
陸生動物

バーバリライオンは最大のネコ科動物?復活した古代の大ライオン

百獣の王ライオン。中でも特に王者らしい風貌なのは北アフリカのバーバリライオンです。映画『ライオンキング』の悪役スカーのモデルともなっているライオンで、強いライオンのイメージはこのバーバリライオンなのです。どんなライオンなのか勉強しましょう!