その他

その他

サイコパスな寄生虫!宿主を操り殺す非情な生き様!

宿主を洗脳し、死なせてしまう寄生虫がいます。ハリガネムシ、ロイコクロリディウム、リベイロイアなどの寄生虫は、自分が繁殖するために、宿主を犠牲にすることを躊躇わない。生態的にはサイコパスですが、生きるパワーも感じられます。
その他

『タサダイ族』現代の原始人は世界的ヤラセ?愛の民の物語

「タサダイ族」は有名な捏造。原始人レベルの文明で争いを知らぬ愛の民が、実は演技だったというヤラセ。今は大嘘とされますが、なぜかみんな騙された。また、まったくの嘘とも言い切れない。大ごとになったのは時代や大衆心理にも原因があったようです。
その他

【マンティス・マン】アメリカの新UMAカマキリ男は昆虫型宇宙人?

マンティス・マン。近年アメリカで目撃される、2mもあるカマキリのような未確認生物です。その正体と目されるのが異星人。細身の体と大きな目が、グレイと呼ばれるエイリアンを彷彿とさせるから。しかし、なにかの理由で巨大になった昆虫かもしれません。
その他

奇跡の野生ネコ!イリオモテヤマネコと謎のヤマピカリャー

沖縄・西表島で発見されたイリオモテヤマネコ。小さな島で生き延びている、奇跡のヤマネコです。その捜索中、島民はもっと大きいヤマネコ「ヤマピカリャー」の存在にも言及していました。2種のヤマネコは共存しているのでしょうか?
その他

異形のUMA『ナイトクローラー』伝説の精霊は実在?フェイク?

監視カメラを横切る白い影。今アメリカで頻繁に出現しているUMA「ナイトクローラー」です。民間の伝説の精霊として語り継がれてきたナイトクローラーが実在した?しかし、映像はどれもはっきりしない。フェイクとも思えるのですが……。
その他

【恐鳥】恐竜になろうとした最強の鳥の生態と絶滅理由

かつて『恐鳥』という怖ろしい大型鳥が生息していました。その姿は恐竜顔負け、獰猛な肉食で、生態系の頂点にあったのです。やがて絶滅。しかし生き残った恐鳥が比較的近年まで存在していたといいます。恐鳥と人類は共存していたのでしょうか?
その他

虫を銃殺!ネズミを弁護!笑ってはいけない動物裁判

中世のヨーロッパでは動物も裁判にかけられていました。原告が加害動物を訴え、弁護士が動物を弁護するという馬鹿げたことが、普通に行われていたのです。史実を紐解くとたくさんの判例がある。動物たちはどんな刑に服したのでしょう?
その他

犯人は誰?『ディンゴ・ベビー アザリア・チェンバレン事件』

生後2ヶ月のアザリア・チェンバレンが、ディンゴに連れ去られた事件。しかし、大衆は「母親リンディの犯行説」を疑いませんでした。世界有数の冤罪といわれるアザリア・チェンバレン事件は、なぜ大衆の暴走を招いたのか?事件の経過を辿り、検証してみましょう。