その他

その他

シャンハイ・ハナスッポン 絶滅に最も近い生物?復活できるか!

シャンハイ・ハナスッポンは、もう世界に2、3匹しかいないと言われる大型のスッポンです。もちろん絶滅危惧種。オスメスが揃っているのかも分からず、事実上の絶滅も考えられます。その大きさや寿命を紹介しつつ、繁殖の可能性も考えます。
ペット

オッドアイはどうしてなるの?不思議な魅力のペットや人たち

瞳(虹彩)の色が左右で違うのを「オッドアイ」といいます。アニメキャラではよくいますが、人よりはペットによく見られます。オッドアイは遺伝が主。目の病気や怪我で偶然なってしまうこともあります。オッドアイは寿命が短いと言われますが、心配は少ないようです。
節足動物

1.5mの人食いグモ『チバ・フー・フィー』密林に潜む恐怖生物!

アフリカに「チバ・フー・フィー」という巨大グモがいるといいます。そのサイズは足を広げると1.5m。この大きさですから人だって襲う。しかし、クモがこんなに大きくなるとは思えません。見間違いか、伝承の中だけの未確認生物らしいのですが。
その他

なぜか鏡に「お前は誰だ」で精神崩壊?有名都市伝説は嘘か事実か?

鏡に映る自分に「お前は誰だ?」と問い続けると、やがて精神が崩壊するという都市伝説があります。少し大袈裟なのですが、この行為には実際にリスクがあるらしい。脳が混乱し、精神的なダメージを受けることがあるそうで、遊びでもするべきではないのです。
その他

なぜオスとメスがある?ジェンダーレスの今知っておこう!

この世は男と女(オスとメス)だけ。いや、今はそんな時代ではなく、いろいろな性(ジェンダー)がある。でもなぜ男と女?こんな時代になるのなら、どうして生き物はオスとメスに分かれたのでしょう?それは進化の大発明だったのです。
その他

致死率9割『エキノコックス』は本州でも増加!イヌやネコも危険!

エキノコックスはキツネが媒介する寄生虫で、人にも感染します。その致死率は90%と言われますが、きちんと治療すれば回復は可能。それでも危険な感染症には違いなく、最近は北海道外でも確認されており、全国的に注意が必要なようです。
その他

悪魔憑きは実話?精神病との関係とエクソシストの真実

人に憑依した悪魔を祓うエクソシスト。映画でもお馴染みで、悪魔憑きの事例も膨大です。しかし、ほとんどの事例は精神病や脳障害の症状、または演技にすぎないといわれています。エクソシストは実在していて、今も(自称)悪魔憑きと戦っているのです。
節足動物

なぜ今『コオロギ食・昆虫食』?いきなりブームの背景に何がある?

最近よく聞く「コオロギ食」「昆虫食」。次世代のニューフードと推しまくりなのですが、ネットでは大炎上。「コオロギなんか食えるか!」の大合唱です。虫の不人気を考えれば当然でしょう。どうして今コオロギなのか?その背景を検討してみましょう。