節足動物

節足動物

人類の天敵?ゴキブリはどうしてこんなに嫌われる?

ゴキブリは嫌われ者。古代の巨大ゴキブリの記憶で、本能的に嫌うなんて説もありますが、人を襲うようなゴキブリがいた証拠はありません。ゴキブリ嫌いの理由は、長い共存のうちに蓄積されてきた不快感ではないかと考えられます。
水生動物

【シャコ】驚異的なパンチと目を持つ磯のクラッシャー

世界中にいるシャコ(蝦蛄)は、「光るパンチ」を出せるといいます。これは事実で、うっかり手を出せない危険な壊し屋ですね。他にも「目がいい」「水死体に群がる」とかシャコは多くの伝説を持つ生き物でもある。エビとの違いなどを含めて解説します。
水生動物

「お口の中からこんにちは」寄生虫ウオノエの三密上等生活

魚の口の中に寄生する『ウオノエ』。最近は「可愛い」「美味しい」「しらすを探すといる」と話題にもなるけれど、やっぱり気味悪い。ウオノエは口内という密閉空間で、時には数匹で密着する三密。その生態は特殊で、不気味さを際立たせています。
節足動物

『クモ恐怖症アラクノフォビア』『虫嫌い』は克服できるか?

クモや昆虫は嫌われるもの。クモ恐怖症アラクノフォビアなどは最たるものでしょう。でも、虫嫌いは困ることもある。家に入った虫をどうすることもできないとか。虫嫌いは克服できるでしょうか?アラクノフォビアの症状や治療がヒントになるかもしれません。
節足動物

【夏は注意!】アブ(虻)ってどんな虫?刺されないための対策は?

公園やキャンプ場でよく出くわすのがアブ。刺す虫と嫌う人も多いでしょう。しかし、アブのほとんどは刺さず、いくつかの種類が人を刺し、腫れや痒みを引き起こします。さらにアブは普通の虫除けも効果が薄い。アブ対策はどうすればいいのでしょうか?
節足動物

蚊柱は「ユスリカ」の群れ?頭に集まったときの対処法

夏によく見かける蚊柱。あれは蚊ではなくユスリカが集まったものです。ユスリカは蚊と違い、害はありません。幼虫のアカムシも魚の餌で重宝される。でも、蚊柱は嫌なものですし、人にまとわりつくこともある。その対処法とユスリカについて紹介します。
節足動物

猛毒のセアカゴケグモ日本侵略中! 咬まれたら?駆除方法は?

猛毒のクモと知られるセアカゴケグモ。咬まれたらヤバい毒グモが、日本各地で確認されており、どこでも危険です。ただ、言われているほど症状は重くなりません。見つけたらどうするか?駆除方法や治療法を知っていれば、被害を防ぐことは難しくないのです。
節足動物

お米に虫が!その種類と駆除は?虫のついた米は食べられるの?

保存している米に虫がついた。かなりショッキングな事態です。食欲は失せるし、駆除も大変。そのお米は食べられるのか?途方に暮れますよ。米に湧く虫はだいたいコクゾウムシとノシメマダラメイガ。これらの生態を知れば、予防するのは難しくありません。