節足動物

水生動物

「お口の中からこんにちは」寄生虫ウオノエの三密上等生活

魚の口の中に寄生する『ウオノエ』。最近は「可愛い」「美味しい」「しらすを探すといる」と話題にもなるけれど、やっぱり気味悪い。ウオノエは口内という密閉空間で、時には数匹で密着する三密。その生態は特殊で、不気味さを際立たせています。
節足動物

『クモ恐怖症アラクノフォビア』『虫嫌い』は克服できるか?

クモや昆虫は嫌われるもの。クモ恐怖症アラクノフォビアなどは最たるものでしょう。でも、虫嫌いは困ることもある。家に入った虫をどうすることもできないとか。虫嫌いは克服できるでしょうか?アラクノフォビアの症状や治療がヒントになるかもしれません。
節足動物

【夏は注意!】アブ(虻)ってどんな虫?刺されないための対策は?

公園やキャンプ場でよく出くわすのがアブ。刺す虫と嫌う人も多いでしょう。しかし、アブのほとんどは刺さず、いくつかの種類が人を刺し、腫れや痒みを引き起こします。さらにアブは普通の虫除けも効果が薄い。アブ対策はどうすればいいのでしょうか?
節足動物

蚊柱は「ユスリカ」の群れ?頭に集まったときの対処法

夏によく見かける蚊柱。あれは蚊ではなくユスリカが集まったものです。ユスリカは蚊と違い、害はありません。幼虫のアカムシも魚の餌で重宝される。でも、蚊柱は嫌なものですし、人にまとわりつくこともある。その対処法とユスリカについて紹介します。
節足動物

猛毒のセアカゴケグモ日本侵略中! 咬まれたら?駆除方法は?

猛毒のクモと知られるセアカゴケグモ。咬まれたらヤバい毒グモが、日本各地で確認されており、どこでも危険です。ただ、言われているほど症状は重くなりません。見つけたらどうするか?駆除方法や治療法を知っていれば、被害を防ぐことは難しくないのです。
節足動物

お米に虫が!その種類と駆除は?虫のついた米は食べられるの?

保存している米に虫がついた。かなりショッキングな事態です。食欲は失せるし、駆除も大変。そのお米は食べられるのか?途方に暮れますよ。米に湧く虫はだいたいコクゾウムシとノシメマダラメイガ。これらの生態を知れば、予防するのは難しくありません。
節足動物

奴隷狩りするサムライアリ「働いたら負け」のしたたかな生き方

日本で普通に見られるサムライアリは、特殊な生態で知られています。他のアリを奴隷にして働かせる。そのやり方はかなり卑劣なのですが、ヒアリの天敵として駆除に役立つともいわれます。サムライアリの不思議な生き方。名前の由来やヒアリへの効果をまとめました。
節足動物

クマムシ最強説の理由‐宇宙でも死なない防衛機能【乾眠】とは?

生物界最強ともいわれるクマムシ。その理由はどんな環境にも耐える防御力の高さです。クマムシは乾眠という仮死状態になることで、何年も生き続け、水を得れば復活する我慢強さの持ち主。その生命力の強さから、宇宙や月面にも送り込まれているのです。