ペット

味噌汁にするアサリやシジミは飼えないの?飼うならどうする?

アサリやシジミ、ハマグリなどの二枚貝。潮干狩りでも採れ、味噌汁の具にもなる貝たちをペットにすることも可能です。環境を整えてあげれば、貝は育つ。しかし、長期飼育は難しく、試行錯誤しながらの飼育になりそうです。
その他

トンデモ未確認生物クリッターはUFOの正体なのか?

空と宇宙の間「成層圏」にクリッター、アトモスフェリック・ビーストと呼ばれる未確認生物がいるといいます。それはプラズマ状の体を持つ生命体で、UFOと見間違われることもある。我々とはまったく別に進化したフライング系UMAのようです。
水生動物

「お口の中からこんにちは」寄生虫ウオノエの三密上等生活

魚の口の中に寄生する『ウオノエ』。最近は「可愛い」「美味しい」「しらすを探すといる」と話題にもなるけれど、やっぱり気味悪い。ウオノエは口内という密閉空間で、時には数匹で密着する三密。その生態は特殊で、不気味さを際立たせています。
節足動物

『クモ恐怖症アラクノフォビア』『虫嫌い』は克服できるか?

クモや昆虫は嫌われるもの。クモ恐怖症アラクノフォビアなどは最たるものでしょう。でも、虫嫌いは困ることもある。家に入った虫をどうすることもできないとか。虫嫌いは克服できるでしょうか?アラクノフォビアの症状や治療がヒントになるかもしれません。
節足動物

【夏は注意!】アブ(虻)ってどんな虫?刺されないための対策は?

公園やキャンプ場でよく出くわすのがアブ。刺す虫と嫌う人も多いでしょう。しかし、アブのほとんどは刺さず、いくつかの種類が人を刺し、腫れや痒みを引き起こします。さらにアブは普通の虫除けも効果が薄い。アブ対策はどうすればいいのでしょうか?
その他

ややこしい人類の進化をわかりやすく解説!

耳慣れないカタカナが並び、とても覚えにくい人類進化。「ホモなんちゃら」とか「なんちゃら原人」とか、課程や順番をわかりやすくしてほしい。でも、代表的な人種や、よく聞く種族をポイントにして並べれば、そんなに難しくないのです。
陸生動物

『カラスが不吉』は迷信?カラスのミステリーを解決!

「カラスは不吉」「カラスの死骸を見ない」など、カラスはどこかミステリアスな鳥。しかし、色や生態から誤解されているだけなのです。実はカラスはむしろ縁起のいい鳥。鳴き声の意味や、その行動を知れば、カラスの悪いイメージは払拭されるでしょう。
その他

猫型宇宙生物エルバッキー 昭和の日本を闊歩する!

エルバッキー(アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー)は、昭和56年アンドロメダ座からやって来たネコの姿をした宇宙生物。かなり荒唐無稽な話ですが、今も一部では有名。昭和という時代を眺めると、その正体が見えてきそうです。