節足動物

国民的童謡『赤とんぼ』歌詞の意味やトンボの種類を考察

誰もが知り、歌える童謡『赤とんぼ』。郷愁を誘う唱歌ですが、歌詞には意味の解らない部分もあるのではないでしょうか。実は深い意味、日本人の琴線に触れる仕立てなどがあるようです。歌から何が読み取れるのか考えます。
その他

蚊取り線香って人にも毒なの?日本の夏はあの煙と匂いでしょ!

渦巻きの蚊取り線香。The日本の夏って感じが好きなのですが、煙と匂いが人体に害を与えるなんて言われ、あまり売れなくなっているそうです。蚊取り線香は害などなく、殺虫剤のように直接浴びれないものではありません。正しく使えば、非常に有能な商品なのです。
ペット

おもしろ熱帯魚『テッポウウオ』家でも飼える水中の狙撃手!

頭上の虫を射落とすことで知られるテッポウウオ。東南アジア近辺だけで見られる、特殊な生態の熱帯魚です。水を吹く仕組みは精巧で、ビックリするほどの技術の持ち主。そのテッポウウオは家でも飼育することができます。
その他

【レペノマムス】恐竜を捕食していた中生代の大型哺乳類

1億年以上前の哺乳類レペノマムスは、化石から「恐竜を食べていた」ことがわかっています。襲って捕食していたとすれば、中生代の弱々しい原始的哺乳類というイメージは覆るのですが、その生態にはわからないことも多いのです。
その他

下水道に潜む生き物:下水は怪物がうごめく地下迷宮なのか?

地下世界の下水道。普段は見ない下水にも生き物が生息しています。排水口で家とも繋がっている下水ですから、それらの生物が侵入しないとも限りません。闇に閉ざされ、奇怪な怪物がいるかも……。下水道はどんな世界なのでしょうか?
ペット

錦鯉の飼育は難しくない!屋内でも飼える「泳ぐ宝石」の魅力

どことなく高級感がつきまとうペット「錦鯉」。一部の個体が数千万円で取引されるからですが、実は値段も手頃で、飼育しやすい魚です。難しいようで、丈夫で飼いやすい。部屋で水槽飼育もできますから、初心者にもおススメできる観賞魚なんです!
その他

殺生石が割れて九尾の狐が蘇る?大妖怪・九尾の謎を解く!

令和4年3月5日、最強の妖怪・九尾の狐を封印していた殺生石が割れたそうです。災厄が起こりそうな展開ですが、心配はいりません。九尾の狐は悪いものではなく、殺生石も封印とは関係ない。九尾の真実を知れば、意外な一面が見えてきそうです。
陸生動物

コードネーム『OSO18』前例のない凶悪で知的な巨大ヒグマ!

「OSO18」とコードネームで呼ばれる巨大ヒグマが道東で暴れています。このOSO18は牛をもてあそぶように殺害する残虐性と、人間の裏をかいて逃げる知恵を持っています。まさに進化したニューヒグマなのです。