陸生動物

陸生動物

【世界最小ネコ】クロアシネコとサビイロネコってどんなネコ?

クロアシネコとサビイロネコは世界最小の野生ネコです。小さいけれど「世界一怖ろしいネコ」とも呼ばれるクロアシネコ。人によく懐くのに生態がわかりにくいサビイロネコ。どちらも魅力的なミニネコです。彼らは小さい体でどうやって生きてきたのでしょうか?
陸生動物

ヒグマ事件簿『石狩沼田幌新事件』人食い・撲殺の凶獣が大暴れ!

日本で2番目に大きい獣害『石狩沼田幌新事件』。ヒグマが開拓者たちを続けて襲いました。死者は5人。ある者は食われ、ある者は殴られ、小さな集落を恐怖に陥れたのです。事件はなぜ起こってしまったのか?どうやらヒグマの食欲が発端だったようです。
陸生動物

動かない鳥ハシビロコウがいる動物園~どんな鳥かも紹介!

最近人気のハシビロコウ。日本では見られる動物園が多い。ハシビロコウはとにかく動かない。眼光鋭く、ちょっと怖い。見た目の迫力に気を盗られ、どんな鳥か意外と知らないんじゃありませんか?飛んだり鳴いたりするんでしょうか?知らない魅力もあるようです。
ペット

ナマケモノは珍ペット!不思議な生態と意外と簡単な飼育法

頑張らない動物ナマケモノ。実はペットにすることもできます。しかも飼育は簡単。ナマケモノと暮らせばのんびりできそうですよね。珍ペットファンにもおススメです。しかし生態は独特で、注意点もある。ナマケモノの飼育、気になる餌や価格などをまとめました。
陸生動物

ラーテルは天敵ナシの怖いもの知らず?最強伝説の虚実を解説

アフリカなどに生息するイタチの仲間ラーテルは、見た目に似合わず「最強の猛獣」「天敵などいない」といわれています。強いと噂されるのは気が強く、防御もしっかりしているから。しかし、そこまで最強でもないようです。強いのか弱いのか、真相はどっちでしょう?
陸生動物

珍獣バビルサ「自分の牙で死ぬ?」「毒草も食う」なぜそうなった?

インドネシアに生息するバビルサはイノシシの仲間。立派な牙の持ち主ですが、その牙が伸びると頭に刺さって死ぬといわれます。ついた二つ名は「死を見つめる動物」。さらに毒草も食らうという無鉄砲です。そんな不思議な生態のバビルサを紹介します。
陸生動物

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件から学ぶヒグマへの対応

1970年(昭和45年)に起こった福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件。3人の大学生がヒグマの犠牲になったのですが、対応のミスがなければ起こらなかったといわれています。彼らはどんなミスを犯したのか?事件を知れば、ヒグマから身を守れるでしょう。
陸生動物

絶滅した巨鳥ジャイアントモアとハーストイーグルは今も存在する?

ジャイアントモアとハーストイーグルは、ニュージーランドに生息していた巨大な鳥。捕食する側とされる側で戦っていたのです。島に人間が入植し、その影響でどちらもすぐ絶滅しましたが、今も目撃されています。巨鳥はまだ生存しているかもしれません。