陸生動物

陸生動物

ラーテルは天敵ナシの怖いもの知らず?最強伝説の虚実を解説

アフリカなどに生息するイタチの仲間ラーテルは、見た目に似合わず「最強の猛獣」「天敵などいない」といわれています。強いと噂されるのは気が強く、防御もしっかりしているから。しかし、そこまで最強でもないようです。強いのか弱いのか、真相はどっちでしょう?
陸生動物

珍獣バビルサ「自分の牙で死ぬ?」「毒草も食う」なぜそうなった?

インドネシアに生息するバビルサはイノシシの仲間。立派な牙の持ち主ですが、その牙が伸びると頭に刺さって死ぬといわれます。ついた二つ名は「死を見つめる動物」。さらに毒草も食らうという無鉄砲です。そんな不思議な生態のバビルサを紹介します。
陸生動物

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件から学ぶヒグマへの対応

1970年(昭和45年)に起こった福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件。3人の大学生がヒグマの犠牲になったのですが、対応のミスがなければ起こらなかったといわれています。彼らはどんなミスを犯したのか?事件を知れば、ヒグマから身を守れるでしょう。
陸生動物

絶滅した巨鳥ジャイアントモアとハーストイーグルは今も存在する?

ジャイアントモアとハーストイーグルは、ニュージーランドに生息していた巨大な鳥。捕食する側とされる側で戦っていたのです。島に人間が入植し、その影響でどちらもすぐ絶滅しましたが、今も目撃されています。巨鳥はまだ生存しているかもしれません。
陸生動物

オオカミは日本で絶滅?近年にもある目撃と復活計画

かつて日本にもオオカミが生息していました。100年ほど前に絶滅。ニホンオオカミは今も目撃情報があるものの、依然謎の動物なのです。ニホンオオカミは本当にいたのか?生き残っているのか?そして、オオカミを日本で復活させることの是非も考えます。
陸生動物

ヒグマ事件簿『星野道夫ヒグマ襲撃事件』人気番組ロケ中の悲劇!

「星野道夫ヒグマ襲撃事件」は人気番組「どうぶつ奇想天外」のロケ中に起こったショッキングなニュースでした。犠牲になったのは著名な写真家・冒険家の星野道夫氏。事件後も撮影の方法に問題がなかったか議論され、誰にどんな責任があったのか今も藪の中です。
陸生動物

コモドドラゴンは恐竜の生き残り?危険爬虫類は最強の生物なのか?

コモドドラゴンは「現在の恐竜」とも呼ばれる最強クラスの捕食者です。生息地では人間が襲われることもあり、危険な生物とされています。古代の巨大トカゲの末裔らしいのですが、単為生殖というメスだけでも繁殖できる能力で現在まで生き延びてきました。
陸生動物

チャンパーワットの人食いトラ:ギネスにも載る凶悪マンイーター!

史上最大級の犠牲者数といわれる獣害事件、チャンパーワットの人食いトラ。たった一頭のトラに食い殺された人間は400人を超え、数年に渡って地域全体を恐怖のどん底に陥れました。事件の経緯とともに、なぜこれほど被害がでるまで防げなかったのかを考えます。