節足動物

『クモ恐怖症アラクノフォビア』『虫嫌い』は克服できるか?

クモや昆虫は嫌われるもの。クモ恐怖症アラクノフォビアなどは最たるものでしょう。でも、虫嫌いは困ることもある。家に入った虫をどうすることもできないとか。虫嫌いは克服できるでしょうか?アラクノフォビアの症状や治療がヒントになるかもしれません。
節足動物

【夏は注意!】アブ(虻)ってどんな虫?刺されないための対策は?

公園やキャンプ場でよく出くわすのがアブ。刺す虫と嫌う人も多いでしょう。しかし、アブのほとんどは刺さず、いくつかの種類が人を刺し、腫れや痒みを引き起こします。さらにアブは普通の虫除けも効果が薄い。アブ対策はどうすればいいのでしょうか?
その他

ややこしい人類の進化をわかりやすく解説!

耳慣れないカタカナが並び、とても覚えにくい人類進化。「ホモなんちゃら」とか「なんちゃら原人」とか、課程や順番をわかりやすくしてほしい。でも、代表的な人種や、よく聞く種族をポイントにして並べれば、そんなに難しくないのです。
陸生動物

『カラスが不吉』は迷信?カラスのミステリーを解決!

「カラスは不吉」「カラスの死骸を見ない」など、カラスはどこかミステリアスな鳥。しかし、色や生態から誤解されているだけなのです。実はカラスはむしろ縁起のいい鳥。鳴き声の意味や、その行動を知れば、カラスの悪いイメージは払拭されるでしょう。
その他

猫型宇宙生物エルバッキー 昭和の日本を闊歩する!

エルバッキー(アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー)は、昭和56年アンドロメダ座からやって来たネコの姿をした宇宙生物。かなり荒唐無稽な話ですが、今も一部では有名。昭和という時代を眺めると、その正体が見えてきそうです。
陸生動物

【フォッサ】マダガスカルで特殊に進化した肉食獣の不思議

フォッサはアフリカ・マダガスカルで最強の肉食獣。といっても、トラやライオンやオオカミとはまったく違うタイプ。マダガスカルという孤島で、捕食者にならざるを得なかったマングースなのです。フォッサは見た目から生態から不思議がいっぱいです。
節足動物

蚊柱は「ユスリカ」の群れ?頭に集まったときの対処法

夏によく見かける蚊柱。あれは蚊ではなくユスリカが集まったものです。ユスリカは蚊と違い、害はありません。幼虫のアカムシも魚の餌で重宝される。でも、蚊柱は嫌なものですし、人にまとわりつくこともある。その対処法とユスリカについて紹介します。
ペット

犬の慣用句は悪い意味ばかり?犬の格言いろいろ

人と親しい犬を使った慣用句やことわざは非常に多い。しかし、あまり良い意味で使われていないのも事実です。日本でも海外でも同じようで、英語でも「ランクが下」の「卑怯者」と扱われます。犬の慣用句や格言を紹介し、その変遷をたどってみましょう。