陸生動物

【世界最小ネコ】クロアシネコとサビイロネコってどんなネコ?

クロアシネコとサビイロネコは世界最小の野生ネコです。小さいけれど「世界一怖ろしいネコ」とも呼ばれるクロアシネコ。人によく懐くのに生態がわかりにくいサビイロネコ。どちらも魅力的なミニネコです。彼らは小さい体でどうやって生きてきたのでしょうか?
その他

眠らないとどうなる?人体実験がもたらした悲劇と動物たちの睡眠

人は眠らないと、やがて混乱し、人格が破壊され、死に至るようです。そのプロセスは人体実験で証明され、時に結末は悲劇的です。睡眠は生物にとって不可欠。眠らない動物はいるのか?不眠症でなぜ生きられるのか?睡眠の本質は今も生き物の謎のようです。
その他

ネッシーは巨大ウナギ?最新DNA調査で正体は解明されたか?

2019年「ネッシーは大ウナギ」との見解が示されました。最新のDNA調査の結果で、確定的に報じられていますが、正体が判明したといえる段階ではないようです。また、ネッシーと間違うような大ウナギの実在も知られておらず、謎は解けないままなのです。
その他

奇病【日本住血吸虫症】115年に渡る寄生虫発見~終息の闘い

日本住血吸虫症は、特定の地方だけで起こる奇病で、「地方病」とも呼ばれていました。寄生虫によって発症し、その発見から終息まで100年以上を要したのです。この謎の病気に立ち向かったの医学者、住民たちの記録は、世界に誇る日本の財産となる闘いでした。
水生動物

デメニギスの透明な頭は何?ドームの中はスゴかった!

頭が透明で中身が丸見えの深海魚「デメニギス」。類を見ないシースルーに度肝を抜かれた人も多いでしょう。「あの頭どうなってるの?」と思うのは当然。調べてみると、透明ドームの中は、高性能でいっぱいでした。デメニギスは見た目も中身もスゴかったのです!
節足動物

奴隷狩りするサムライアリ「働いたら負け」のしたたかな生き方

日本で普通に見られるサムライアリは、特殊な生態で知られています。他のアリを奴隷にして働かせる。そのやり方はかなり卑劣なのですが、ヒアリの天敵として駆除に役立つともいわれます。サムライアリの不思議な生き方。名前の由来やヒアリへの効果をまとめました。
陸生動物

ヒグマ事件簿『石狩沼田幌新事件』人食い・撲殺の凶獣が大暴れ!

日本で2番目に大きい獣害『石狩沼田幌新事件』。ヒグマが開拓者たちを続けて襲いました。死者は5人。ある者は食われ、ある者は殴られ、小さな集落を恐怖に陥れたのです。事件はなぜ起こってしまったのか?どうやらヒグマの食欲が発端だったようです。
ペット

土佐犬(土佐闘犬)は従順なペットになる!飼育法は?危険はないの?

猛犬で知られる土佐犬(土佐闘犬)。ペットにすることもできますが、飼育では特に注意が必要です。日本の大型犬として人気になってほしいのですが、人を襲う事件や、闘犬に対する批判などで印象が悪く、飼う人が少ない。土佐犬は本当に凶暴なのでしょうか?