その他

犯人は誰?『ディンゴ・ベビー アザリア・チェンバレン事件』

生後2ヶ月のアザリア・チェンバレンが、ディンゴに連れ去られた事件。しかし、大衆は「母親リンディの犯行説」を疑いませんでした。世界有数の冤罪といわれるアザリア・チェンバレン事件は、なぜ大衆の暴走を招いたのか?事件の経過を辿り、検証してみましょう。
その他

『満月が人を狂わせる』説は本当か?狼男との関連も考察

「満月の夜は犯罪が増える」といわれます。狼男などもそれが基になった話かもしれません。しかし、なぜ満月なのか。月に人を狂わせたり、獣化させる力があるとも思えない。満月の悪い噂は真実なのか、どこから派生したのか考察します。
水生動物

【シャコ】驚異的なパンチと目を持つ磯のクラッシャー

世界中にいるシャコ(蝦蛄)は、「光るパンチ」を出せるといいます。これは事実で、うっかり手を出せない危険な壊し屋ですね。他にも「目がいい」「水死体に群がる」とかシャコは多くの伝説を持つ生き物でもある。エビとの違いなどを含めて解説します。
陸生動物

「鷲と鷹はどう違う?」猛禽類の違いや強さを解説

日本でも見られる多くの猛禽類。でも「鷲と鷹の違いは?」「どれが強いの?」「トンビやハヤブサは鷹なの?」といろいろ不明だったりします。猛禽とひとまとめにされている、肉食鳥類たちの見分け方や生態をわかりやすく伝えます。
その他

【生物季節観測】気象庁が一部廃止!本当に観測は必要ないのか?

気象庁が『生物季節観測』をほとんど廃止すると決定しました。動植物を観測し、気象の変化を調べるものですが、今の時代には難しくなっているというのが理由。本当にそれだけなのでしょうか?生物季節観測の必要性を考えます。
その他

鬼とは何か?その正体を探ると「人間」が見えてくる!

人気アニメをはじめ日本文化に浸透している妖怪「鬼」。その正体を考えてゆくと「人間」に突き当たります。本来「恐怖」の象徴であった鬼が、現在の角のある鬼の伝説となった。そこには鬼と誤認された人たちと、心の闇を抱えた人間の存在があるようです。
陸生動物

サバンナのアイドル『ディクディク』は逃げ上手?その生態は?

『ディクディク』はアフリカにいる小さな草食動物。鳴き声からその名がついたといわれ、可愛らしい見た目ですが天敵も多い。日本では動物園でもなかなか会えませんが、縄張りを守り、俊敏に逃走する生態には弱者の戦略が見られます。
その他

『百匹目の猿現象』シンクロニシティの奇跡は嘘?本当?

一匹の子猿が始めた「芋洗い」が、遠くの群れにまで伝わったという「百匹目の猿現象」。みんなが深層心理で繋がっているという「シンクロニシティ」の証拠ともされています。でも嘘臭い。百匹目の猿は信じたい思いが生んだ妄想かもしれません。