デボンシャー事件!悪魔の足跡の真相を突きとめろ!

悪魔の画像 その他

僕は子供時代からオカルト話が好きだったのですが、中でも特に好きだったのが今回紹介する『デボンシャーの悪魔事件』です。

未解決事件であると同時に、UMA事件、ホラーサスペンスのようでもあり、とても印象深かったのです。

また、悪魔の事件というのも面白い。

悪魔譚といえば啓示的な民話レベルなのが普通です。

しかし、この事件では足跡という物的証拠がありました。

というか、足跡だけで他は空想を掻き立てただけという事件なのです。

その謎解きがこの物語の肝なんですよ。

時は1855年――

イギリス南西部のデボンシャー地方。

『デビルズフットプリント』と新聞を騒がせた、一夜の出来事です。

スポンサーリンク

雪の上に残された不可解な足跡

2月8日のこと。

前夜、しんしんと降った雪のために白銀の朝となったデボンシャー。

白い息を吐きながら、日の出とともに外に出た住民は不思議な光景を見ることになりました。

それは雪上に延々とつけられた足跡。

ろくに照明もない時代、田舎町では夜中に出歩くような者などいません。

その足跡はU字で、馬のヒヅメのような足跡でした。

大きさは長さが10cm、幅7.5cm。

子馬かポニー程度の大きさですね

しかし、その足跡はどう見てもおかしなものでした。

普通、馬などであれば左右の足跡が2列につけられるはずです。

ところが、その足跡は1列で、約20cmの間隔を守り、1本の筋のようにつけられていたのです。

まるで一本足の有蹄類がピョンピョンと跳ねて進んだ跡のように。

それ以外の足跡はなく、一匹の『何か』が歩いたことだけは間違いない。

「なんやこれ?」と首をかしげる住民が、足跡を追ってみるとさらに不思議なことがわかります。

高い塀があれば、その足跡は塀を飛び越えて、向こう側へ続いている

家の屋根にもついている

川に当たれば、向こう岸からまた足跡が始まっている。

後に不可解な足跡は周囲の町々にまで続いており、総延長で160km!にも渡っていたとか。

一晩に160kmも徒歩で移動する動物などどこにいるというのか。

これらの状況証拠から、正体不明の足跡の主は

ヒヅメの一本足で、

驚異的な跳躍力、あるいは飛行能力を備え

長い距離を移動できる『何か』、

ということになります。

「悪魔に違いない」となるのは当然だったでしょう。

西洋で悪魔といえば、有蹄目のような顔と、コウモリのような翼がセオリー。

ヒヅメは奇蹄目だけど、こんなとき気にしてはいられない。

デボンシャーの住民たちは、悪魔が家々を覗き込み、不幸にする人間を探し回ったような足跡に怯えます。

新聞でも『デビルズフットプリント』と報じられ、イギリス全土を震撼させます。

しかし、先進的な大英帝国ですから、「悪魔なんかいるわけない」と嘲笑する者も続出。

いろいろな謎解きがされるのです。

スポンサーリンク

ウサギ?鳥?UMA?どれにも当てはまらない

「既存の動物の足跡」という意見は妥当ですね。

ウサギやアナグマという説です。

四足歩行だから足跡は左右に二筋と思いがちですが、左右の幅がほとんどない一本筋に近くなることもあるのです。

現に、2009年にもデボンシャーで似たような一本筋の足跡が見つかっています

専門家は「鹿かウサギ」と判断し、例の悪魔事件も珍しくない動物だったのではと言っています。

確かに2009年のその足跡は一本筋。

でも、ヒヅメ型には見えません。

これも、足跡というのは土や雪のものは形も変わりやすく、たまたま1855年の事件ではU字に見えただけと考えられます。

既存動物説は一番丸く収まりますが……。

それでも疑問は残る。

塀や屋根を超えたり、160kmも移動する点がクリアできません。

「では鳥ではないか」

鳥なら屋根にも足跡はつけられる。

塀の向こうでも、川の向こうでも一っ飛び。

でも悪魔はわざわざ歩いています。

鳥なら飛んだほうが楽なのに、地べたをペタペタ歩き回る必要がどこに?

アヒルなどはよく歩き、飛べもしますが、事件の足跡は迷いがなく、餌を探していたなど動物らしい行動も見られないのです。

ヒヅメ足の鳥という未確認生物もちょっと考えにくい

動物説、UMA説は可能性が低そうです。

ただし、すべての状況証拠をクリアできる動物がいないこともありません。

もちろん、それは人間です。

スポンサーリンク

犯人は悪魔のように執拗な人間なのか?

悪人の画像

「それなら人間のイタズラでしょう」

これも当時からよく言われていたこと。

ヒヅメをタイヤに取り付けた一輪車。

竹馬の名人の犯行。

気球に乗ったいたずら者がつけて回った……

知恵自慢の素人探偵が「ボクならこうするね」なんて、アイデアを披露し合う遊びも流行りました。

何者かの仕業なら、ずいぶんと手間のかかる悪ふざけですね。

どんなモチベーションを持てば、こんなわかりにくい悪戯が敢行できるんだろう。

ある意味、悪魔よりタチ悪そう

金具をぶら下げた無人の気球が、夜風に乗って金具の跡をつけて回ったという説も提唱されましたが、

「いや、気球がどこにも引っかからずに上手いこと跡をつけて回るとかないから」

と反論され、決定的ではありません。

実は、デマ説というのもあります。

160kmに渡る足跡といわれていますが、それを確認した記録がないのです。

あちこちにあった足跡の話を合わせて「ざっと160kmくらいじゃね」っていう数字。

160kmは切れのいい1マイル

また、足跡だってあったかどうかわからない。

雪上の足跡は雪が融けたらなくなります。

延々と続く足跡を見たのは住人の一部にすぎず、ちょっと変わった足跡が尾ひれをつけまくって広まって事実化された可能性も否定できません。

とにかく、雪に刻まれた悪魔の足跡――デビルズフットプリントはたった数時間で消えたのです。

まさに刹那のミステリーだと思いませんか?

スポンサーリンク

まとめ

『デボンシャーの悪魔事件』は今も謎のままです。

ただ、一本筋の足跡というのは、世界各地で時折見られるのだそうです。

その足跡の主はいつも断定に至らず、人々に不思議を与えるばかりです。

なにかの動物だとは思うのですが、悪魔の通った跡と観るのは西洋らしくて好きですね。

日本なら百鬼夜行の足跡になるのかな……

この物語を読んで、僕はしばらく夜に窓を見るのを躊躇っていました。

一本足で直立した、翼のある馬がいたらどうしようと、空想に怯えていたのです。

まあ、悪魔じゃなく人間でも怖いシチュエーションですが……

コメント