紅蛙

その他

【南極のUMAニンゲンの正体は?】都市伝説か?実在物か?

南極海で目撃される未確認生物「ニンゲン」は、ネットから生まれた都市伝説です。でも、ニンゲンに襲われた事例があったり、グーグルアースにそれらしい生物が写るなど、実在しているともいわれます。ニンゲンという生物がいるなら、正体も暴けるかもしれません。
ペット

【アリクイ】軍隊アリに勝てる?威嚇は有効?ペットにできる?を解決!

アリを食うから「アリクイ」。でも、攻撃的な軍隊アリなども食べるのか?アリしか食べないのか?気になるところです。可愛いという威嚇ポーズの有効性や、ペットにできるのか、アリクイのさまざまな疑問を解決します!
水生動物

海の人気者ラッコは実は怖い?絶対に引く!残酷な生態

ラッコは可愛く見えて、怖い一面も持っています。激しい交尾でメスが死んでしまったり、欲求不満でアザラシを襲ったり、愛らしい姿からは想像できない残酷な生態もあるのです。漁業の被害も深刻。害獣としてのラッコの、怖ろしい裏の顔とは?
陸生動物

神話級の大蛇は実在する?日本でも目撃された大ヘビとは?

各地で目撃される『大蛇』。7~8mは普通にいるのだから、10m超の大蛇が実在していても不思議はありません。ヘビの大きさに限界はないのでしょうか?世界や日本で目撃された巨大ヘビの話から、どこまで大きくなれるのか推測できるかもしれません。
その他

サイコパスな寄生虫!宿主を操り殺す非情な生き様!

宿主を洗脳し、死なせてしまう寄生虫がいます。ハリガネムシ、ロイコクロリディウム、リベイロイアなどの寄生虫は、自分が繁殖するために、宿主を犠牲にすることを躊躇わない。生態的にはサイコパスですが、生きるパワーも感じられます。
水生動物

シュモクザメはなぜトンカチ頭?視界はどうなってるの?

目が横に張り出したシュモクザメは、その形から怖れられているのですが、どうにもいろいろ気になるサメです。なぜ頭が広がっているのか?離れた目で視界はどうなっているのか?人食いもするのか?奇妙なトンカチ頭の秘密を解説します。
その他

『タサダイ族』現代の原始人は世界的ヤラセ?愛の民の物語

「タサダイ族」は有名な捏造。原始人レベルの文明で争いを知らぬ愛の民が、実は演技だったというヤラセ。今は大嘘とされますが、なぜかみんな騙された。また、まったくの嘘とも言い切れない。大ごとになったのは時代や大衆心理にも原因があったようです。
その他

【マンティス・マン】アメリカの新UMAカマキリ男は昆虫型宇宙人?

マンティス・マン。近年アメリカで目撃される、2mもあるカマキリのような未確認生物です。その正体と目されるのが異星人。細身の体と大きな目が、グレイと呼ばれるエイリアンを彷彿とさせるから。しかし、なにかの理由で巨大になった昆虫かもしれません。