ジャガー、ピューマは強い?ヒョウ、トラとは違う新大陸の大型ネコ

ジャガーの画像 陸生動物

ネコ界の三強といえば……。

「トラ」「ライオン」「ヒョウ」を思い浮かべるのが普通でしょう。

よく知られた、強い、大型ネコですもんね。

その三強に割って入る強者は「ジャガー」になるでしょう。

新大陸(アメリカ大陸)の王者です。

かなり強いのですが、ちょっと地味。

名前はみんな知っているのに、すぐに思いつかない。

だいたい、「ヒョウみたいなやつ」くらいの感覚しかないんじゃありませんか?

新大陸には、もうひとつの強者「ピューマ」もいます。

これもよく聞くわりに、ピンとこない。

この記事のテーマは「ジャガー」と「ピューマ」。

どんなネコで、どれほど強いのか?

ヒョウとはどう違うのか?

忘れがちだけど、実は魅力的な、新大陸の大型ネコを深掘りします。

スポンサーリンク

密林の王者ジャガー

ジャガーはアメリカ合衆国南部からアルゼンチン北部に生息します。

いるのはジャングル、森林。

アマゾン最強の動物といえます。

大きさは150~180cm前後で、尻尾が60cmくらい。

ヒョウも同じくらいですが、体重は平均で50kgほど。

ジャガーは100kgになることも多く、やや太目。

ジャガーは、トラ(3m)、ライオン(2~2.5m)に次ぐ、「三番目に大きいネコ」といわれています。

ヒョウとはどう違う?

ジャガーの体にも斑点模様があり、見た目はヒョウ。

だから僕も、昔は「南米に棲むヒョウをジャガーと呼んでいるだけ」と思っていました。

これは大間違い。

近種なのは確かですが、違いもあるのです。

見分ける最大のポイントは斑点。

下の画像が「ヒョウ柄」で有名なヒョウ。

黒点が花のような形にまとまっています。

ヒョウの画像

こちらがジャガー。

花模様の中に、小さな斑点がある。(『梅花紋』と呼ばれます)

違いがビミョーすぎ

ジャガーの画像

他は、ジャガーのほうが足が大きく、
頭も大きく、重量感があるところ。

生息地はヒョウがアフリカ、アジアですから、両者がかち合うことはありません。

でも、敢えて戦わせたらジャガーが強いと思います。

ジャガーとヒョウ強いのは?

大型ネコでは、トラとライオンがやはり強い。

三位をジャガーとヒョウで争う形。

その下にいるチーターは速いだけで虚弱だし、あとは小ぶりなウンピョウ、ユキヒョウですから。

で、戦闘力は「ジャガー>ヒョウ」に思えるのです。

ジャガーの語源は、現地語で「一突きで殺す者」を意味する「ヤガー」から。

ジャガーは獲物の頭を咬み砕いてしまうのです。

咬合力(咬むチカラ)は「1500PSI」

PSIは「1平方インチにかかるチカラが何ポンド」のこと。

ジャガーの咬合力は人間の10倍くらいです。

トラ(1000PSI)、ライオン(600PSI)より上。

ヒョウは500PSIくらいなので、相手になりません。

たいていのネコは首に咬みつき、窒息させる戦術ですが、ジャガーはそんなまどろっこしいことはしない。

「誰であろうと一撃で咬み殺してみせる!」

この辺は、草食動物が群れているアフリカとは違い、アマゾンでは「何でも食える」ことが生存に好都合という、環境に合わせた進化の結果なのでしょう。

事実、ジャガーは食性が広範囲。

サル、カピバラ、アリクイ、ヘビ、鳥に魚……。

鱗をまとったワニだろうが、超装甲のカメだろうが、ジャガーの前では無力なのです。

さらに、ジャガーは地上、樹上、水中、どこでも狩りをする。

ユーティリティプレイヤーです。

それにパワーもあるのだから、ヒョウより強いだろうと。

もちろん、生息地では敵なしです。

ジャガーのライバルと言えそうなのは、「ピューマ」くらいでしょう。

スポンサーリンク

草原の暗殺者ピューマ

ピューマも新大陸の大型ネコです。

大きさはジャガーに匹敵します。

ただ、体重は軽く、機動力が武器。

待ち伏せて、背後から飛びかかり、首をへし折ってしまう。

5mくらいジャンプできます

カナダ、アメリカの一部から中南米全体の山地、森、草原、砂漠にいます。

都市部の郊外でも見られ、人や家畜を襲う。

被害としてはジャガー以上。

強さはジャガーには劣りますが、一般的な恐怖はピューマが上でしょう。

ピューマの画像

ジャガーやトラ、ライオンは「ヒョウ属」。

大型ネコの主流派ですね。

それに対し、ピューマは「ピューマ属」という別系統の大ネコ。

ピューマと、「ジャガランディ」という体長1m(尾が40cm)のヤマネコみたいな動物と、2種しかいない弱小グループです。

ピューマの見た目は、ライオンのメスにそっくり。

アメリカってそんな動物が人里に出るんですね……。

ピューマなの?プーマなの?

ところで、「プーマ」という呼び方もありますよね。

スポーツ用品は「プーマ」ですし。

ピューマは呼び名がとても多い。

現地語では「ピューマ」が近い。

英語の発音では「プーマ」になるのですが、
「ピューマ」と言う人もけっこういる。

同じ意味で、どちらも間違っていません。

別に「クーガー/COUGAR」とも呼ばれます。

これはポルトガル語が由来だそうです。

また、北米では「パンサー」と呼ばれることも。

普通、パンサーはヒョウのことですが、ヒョウのいないアメリカではピューマがヒョウのような猛獣になるのでしょう。

他にも「アメリカライオン」「マウンテンライオン」「ディアーライオン」「カタマウント」など。

40以上の呼び名があるとか。

ギネスに「世界一名前が多い動物」で載っています。

それだけアメリカ大陸では、人に近い凶獣と怖れられ、さまざまな呼び名を与えられたのでしょう。

ピューマとジャガーは生息域が被っています。

ジャガーは密林、ピューマは草原なので、出遭うことは少ないでしょう。

遭っても、体格に劣るピューマが引く感じ。

さらに、北米にはグリズリー、オオカミといった強敵もいる。

南に暮らすジャガーが遭遇しない、北方のツワモノです。

ピューマの多くは、その犠牲になるそうです。

人間にも駆除されるし、安寧な生活とはいえません。

スポンサーリンク

まとめ

新大陸の大型ネコ・ジャガーとピューマ。

旧大陸のトラ、ライオン、ヒョウらにも負けない猛獣です。

ジャガーのパワー。

ピューマのスピード。

彼らが近くにいたら、トラやライオンも油断ならなかったはず。

うまく棲み分けられていると思います。

こうして大型ネコは、世界にくまなく勢力を誇っているんですね。

日本は家ネコとかネコ耳に支配されているみたいだし。

コメント